介護離職ストッパー 内橋康彦です。

2015年6月20日(土)

奈良女性センターにて

講座「介護と仕事両立10の備え」を開催しました。

奈良女性センター

曇り空でしたが、雨はなく少々蒸し暑い気候でした。

久しぶりの奈良。結構人で賑わっていました。

アジア圏の観光客もたくさんいてました。

「奈良女性センター」は初めて行ったのですが、

予想を超える街中・・商店街の中にありました。

これはチラシ置いていたら、結構露出あるなあと

見ていました。

まだ、1時間前なのでコーヒーでも飲んで

落ち着こうと隣のカフェへ

奈良女性センター横のカフェ

メッセージがついていて癒されました。

リラックスするため、商店街を眺めていたら、

カップルが多い、いいなあ~。

さて、時間です。奈良女性センターに向かいました。

ちょうど職員さんが降りてきて、控室案内してもらいました。

控室でお茶をいただきながら体操したりしてリラックス。

って、この時が一番緊張してました。ドキドキ。

さて、本番です。

職員さんから紹介があり、スタート。

まず、つかみの奈良駅前の話。

そして、今日の内容です。

すでに介護されている方は数名いました。

あっ、おかげさまで定員30名がほぼ

埋まる方に来ていただきました。

本当に感謝です。

今回の「介護と仕事10の備え」は

2月にクレオ大阪西で話した内容と

半分くらい変えて臨みました。

前半は主にワークライフバランスの話です。

いきなり眠りに入る人もいましたが、

テレビネタなど楽しめるようにして

なんとか聴いてもらえました。

もっと、もっと盛り上げることを

考えていないといけないかな。

介護と仕事

後半は介護の話。この辺りは前回と同じで

制度などの話をしました。

そして今回はワークを導入。

「自分の回りの介護状況を知る」ワークと

「介護のお金」を考えるワークをしました。

「介護のお金」は週間サービス表を作ってもらうのと、

そのサービスにいくらお金がかかるかを表に記載する

ということをやっていただきました。

時間の関係もあったでしょうが。やはりまだ書きにくい

のかなあ~という部分がありました。

そこは改善が必要と感じました。

最後に質疑応答

奈良は手を上げる人が少ないと聞いていましたが、

何人か質問してくれました。

「うちの会社ではとうてい残業を減らせない」と

いった質問がありました。

企業がブラックなら実力を付けて転職するしかない。

しかし、普通の企業なら介護などの制約を持った

人が大半を占めるようになり、対応せざるを得ない。

それよりもまず、自分が少しでも仕事の生産性を

上げていく努力が必要。

といった回答をさせていただきました。

これは中々難しいのはわかります。

そうそう帰りたいとは言えないものです。

だからこそ努力が必要になると思うんです。

けれど、底上げしていけば、仕事をちゃんと

していれば、段々帰ることが出来るように

なると思うので、ぜひトライしてほしいですね。

一応、質問者さんは納得してくれました。

役立ててくれるとうれしいですね。

で・・

なんとか無事終えることが出来ました。

が、緊張していたせいか、お腹が痛くなり

30分ぐらい苦しんでいました。

あ~弱い・・と思いつつホッとしたのでした。


人気ブログランキングへ