やる、やらないを決めて仕事と介護に備えよう! 講座⑤

介護と仕事の両立

仕事を続けるためにお金を作る

「介護」は非常事態です。

今こそ蓄えていた貯金などを使っていきましょう。
自分の老後の資金だ~!というのはわかりますが、まずは今を乗り越えないと明日はありません。

大丈夫、健康な身体があればなんとかなります。
かの一休さんも死後弟子に絶体絶命の時に見ろといった遺書に「なんとかなる」と書いてあったと言います。

けど、
資産(貯金、株、貴金属、不動産)なんかない!
不要品をお金に換えるのも換えるものがない!
という人も多いでしょう。
では、お金を作っていくしかありません。

お金を作るには基本、働かないといけません。
今より働く。

しかしバイトするなどダブルワークは現実的ではありません。
出来るならひとつの手ですけれど。
どうせ働くなら、割の良い「残業」「休日出勤」をしていく選択肢を持ってもいいかもしれません。

意欲があるなら、副業・複業をするのもいいですね。
これは事業資産になるものが好ましいです。
例えばブログ、動画、コンテンツなど。一度作ったらずっと残っていてお金が入ってくるもの。
そういうのを作っていければいいですね。
そのあたりは色々動画やらあるので探ってみてください。

さて、副業というか、今後の仕事・スキルを考える上でのポイントです。

今の世の中、コンテンツやビジネスが溢れています。
広告にあるようなことをやっても上手くいくかは不明です。

儲かるかどうかで考えると幅は狭まるし、儲かっているものを今からやっても中々しんどいものがあります。
別にこれで明日から食べていかなければならないものでもないので、自分が楽しくやれるものをやっていきましょう。

実はビジネスで儲かるのはエッセンシャルワーカーみたいな世の中に絶対的に必要なものではなく、
なくても困らないどうでもいいことだったりします。
生きていくのに必要がなく、役立たないこと。
ボールを木の棒で打ったり、小さなボールを打って小さな穴に入れたり、恐ろしい乗り物に乗ったり
人間は本来の生存とは関係のないことを好んでやります。
まあ、それがないと生きていけない人もいますが、なかっても死にません。

昨今では暗号通貨やNFT(デジタル証明付き)アートなど今まで価値がないと思われていたことに価値が付くようになっています。


意味がわかりません。

しかし、無意味・無価値なものに価値を付ければお金を作ることが出来ます。

だから、今は誰も理解してくれない自分の世界を作っていっていいんです。
自分だけがわかるものをこさえておきましょう。
それがいついかなる場面で芽を出すのかわかりません。

重要なのはとにかく作っておくことです。
アートでも小説でも動画でも音楽でも脚本でもDIYでも。
チャンスがあった時にこんなんあります!と出せるようにしておきましょう。

これ、わたしが作っているアート「のぞかれ絵

意味不明ですね。でも、楽しんで描いています。
もちろんこんな落書きが売れるとかないとは思いますが、壁に絵を描く技術やら別の波状効果があるかもしれません。
もしかしたら気に入ってくれる人が地球上に10人はいるかもしれません。

まあ、こんな感じでもいいので何かやっておくことが重用です。

それが熟して300人ファンを作って、その人たちから月1万円のサービスを提供できれば良い感じになるのではないでしょうか?

すぐできるのは節約

とはいえ、残業、副業と言っても会社の事情、個人の事情でそう簡単にはできないこともあります。

そこでお金を作る一番確実な方法は「お金を使わない」ことです。
多少我慢がいりますが、慣れれば楽しくなります。
使う時は使っていいのですが、普段意識せずに使ってしまっている少額のお金を節約していけば馬鹿になりません。

飲み物を買っている。家でお茶を入れていきましょう。
外食、惣菜を買う。自炊しましょう。
目指すはほぼ一日ゼロ円生活です。
まずはそんなところから始めてみましょう。
結構ばかにならない金額になっていきます。
そして何かうまく節約できたことがうれしくなってきます。

どこを節約できるのか考えてみてください。

Follow me!

やる、やらないを決めて仕事と介護に備えよう! 講座⑤” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。